防災DXサービスマップ

デジタル庁は、防災分野の優れたサービス・アプリを自治体が円滑に検索・調達できるよう「防災DXサービスマップ・サービスカタログ」として整理し、公表しております。
「平時」「切迫時」「応急対応」「復旧・復興」の4つの局面に分け、それぞれの局面で有用なサービスを掲載しており、各サービス分類をクリックすると、当該サービスのカタログを閲覧することができます。

掲載中のサービス:195

※サービス分類名の( )内の数字は当該分類に該当するサービス数です。
※複数のサービス分類にまたがるものについては、それぞれの分類毎に掲載していますので、表中の分類毎の掲載サービス数の合計とは一致していません。

平時
避難意識の醸成
切迫時
避難行動
応急時
避難生活
復旧・復興時
生活の再建
  • VRを使用した津波・洪水等の可視化や避難体験シミュレーション
  • 動く3Dハザードマップ
  • 避難確保計画の策定支援

など

  • 防災情報一括配信
  • 災害情報の音声配信
  • 多言語防災情報配信
  • 災害情報共有(デュアルユースを含む)
  • 災害時に要避難支援者の位置を確認
  • ARを用いた危険区域の可視化

など

  • 避難所の混雑状況可視化
  • マイナンバーカードを活用した避難所受付、避難所管理
  • 避難者属性等に応じた支援物資の提案
  • 備蓄品の在庫管理

など

  • 罹災証明書発行手続き支援
  • 住居や建物の被害認定調査支援
  • ドローンを活用した点検

など

  • 液状化、地震時揺れやすさ、土砂災害リスクのスコア化
  • 災害リスク評価と可視化

など

  • 被害等のリアルタイム予測
  • 冠水エリアの推測と雨量データ等予測
  • 土砂災害危険度の予測
  • 地震予測情報
  • 河川、ため池観測​
  • 冠水モニタリング​​
  • 衛星、伸縮計等を使った地盤観測​
  • 小型気象計を用いた気象防災情報観測

など

  • クラウド型の被害情報収集・共有
  • 要支援者の安否情報の共有
  • 通信途絶時の情報発信・収集
  • SNSなどを活用した情報解析、可視化
  • ドローンを活用した災害状況の把握
  • AIを活用した被害状況の解析
  • 人工衛星からのマイクロ波を活用した浸水範囲の観測
  • 映像が途切れにくいリアルタイム映像の伝送
  • 無人ヘリコプターを活用した災害情報の把握

など

  • 発災後の情報収集、災害対策本部運営支援、住民の避難誘導、被災者生活再建に至る全体サポート
  • 災害状況の情報収集、可視化
  • 災害対策本部のオペレーション支援

など

サービスの掲載申込み

防災分野のデジタル技術を活用したシステムやアプリといったサービス等、継続して公募しております。
ご応募いただいたサービスにつきましては、防災DXサービスカタログに掲載させていただくほか、「防災DX官民共創協議会」における今後の意見交換等の参考とさせていただきます。
なお、本公募の締め切りは設けておりません。

※カタログ掲載にあたっては事前にご承諾いただきます。

応募にあたっては、以下の公募要領を確認のうえ、フォームから応募ください。
防災分野のデジタル技術を活用したサービスの公募要領(PDF/608KB)

よくあるご質問

Q. 応募締め切りはありますか。
A. 応募締め切りは設けておりません。いつでもご応募いただけます。カタログには順次掲載させていただきます。
Q. 同一の事業者より複数サービスを応募できますか。
A. 同一の事業者様より複数サービスをお申し込みいただけます。複数サービスをお申込みされる場合、応募フォームはサービス毎にご記入下さい。
Q. 防災カタログに一度掲載した情報を変更できますか。
A. 可能です。変更受付頻度につきましては、お申込みいただいた後別途ご案内いたします。
Q. 自治体側から利用している防災サービスについて応募できますか。
A. 今回の公募受付対象はサービスを提供している事業者様になりますので、利用者様からの応募は対象外となっております。もし利用サービスを登録・ご共有したい場合はお問い合わせフォームからご連絡下さい。

お問い合わせ

本事業に関するお問い合わせは以下のボタンよりお願いいたします。

お急ぎの方は以下よりメールにてご連絡ください。

防災DXサービスマップ事務局(デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社)
連絡先:bosai-tech1@tohmatsu.co.jp