防災DXサービスカタログ

ジオ・サーチ株式会社

地中レーダ×GISによる【道路陥没予防】サービス

サービスの詳細につきましては、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

※本ページの掲載内容につきましては、各事業者が責任を負うものとします。

サービス紹介

サービス名
地中レーダ×GISによる【道路陥没予防】サービス
防災局面
平時、応急対応(+72時間)、復旧・復興
サービス分類(大)
災害リスク、防災学習、計測・情報収集、被害情報の収集・共有
サービス分類(小)
防災計画策定支援
対応災害
風水、地震、津波、その他
サービス購入者
自治体、民間企業・団体
サービス概要
目では見えない地下を電磁波地中レーダによってデジタルデータ化し道路陥没を引き起こす空洞を発見します。
空洞の位置や規模に関する情報は、オンラインGISに登録いたしますので、発見→報告→補修手配を迅速化し早急な陥没予防を実現します。
平時には道路の維持管理として、発災直後には陥没箇所や緊急車両が通行する路線の緊急安全点検として、復旧・復興においては、地下の被害状況を確認する総点検として、道路の安全安心にご活用いただくことが可能です。
サービスの特徴/優位性
道路陥没予防を目的とした非破壊での空洞調査事業は弊社の主要事業のひとつであり、30年以上の事業経験を有しております。これまでに、27万km余の調査を行い、12万8千箇所の空洞を発見しています。弊社は、保有する35台の空洞探査車と全国への拠点展開によって、全国どこでもご連絡から12時間以内に緊急対応でき、2020年から現在まで361件の緊急調査を実施しています。
サービス紹介サイトURL
https://www.geosearch.co.jp/service/01.php
問い合わせ先
dx-kikaku@geosearch.co.jp
03-5710-0200
https://www.geosearch.co.jp/contact/service/
横田 智也

導入手続き

価格(ご参考)
調査場所、内容等に応じてご提案いたします。
無料トライアルの有無
無料トライアル可能
導入にかかる所要時間(ご参考)
最短即日
サポート体制(導入時・導入後)
導入時、導入後の相談無料

実績

導入自治体数
251
導入自治体名
作業中
その他
・NETIS新技術情報提供システム テーマ設定型(技術公募)No.41路面下空洞調査技術
・NETIS新技術情報提供システム 登録番号HR-130013-VE スケルカ・陥没防止技術(路面下空洞調査)
・NETIS新技術情報提供システム 登録番号KT-230136-A 路面下空洞形状計測装置
・NHKワールド「BOSAI#21 Road Cave-ins」2022年10月1日放映
・トヨタ技術会会報誌「地下情報の見える化 ~ジオ・サーチの挑戦!~」2022年11月
・日経XTECH 「見えないインフラの危険を事前に探知『人とAI』の力で世界の減災に貢献」2022年4月
https://www.geosearch.co.jp/point/

企業情報

法人名
ジオ・サーチ株式会社
住所
東京都大田区西蒲田7-37-10
設立年
1989年
代表者名
雑賀 正嗣
企業情報のURL
https://www.geosearch.co.jp/
前のページに戻る